台湾での就職や転職をするにあたっての英語の会話・読み書きスキル

海外で就職や転職をするならば、国や職種などを問わずに必ずといっていいほどに英語のスキルが必要になりますが、台湾の場合はどうでしょうか。

 

台湾企業に現地採用として働く場合は、極端に高いスキルの英語力は求められないことが多いのです。

 

もちろん、英語が出来ないよりは出来た方が良いのですが、面接などにおいての重要なポイントとして考えられているわけではないと思っていても良いでしょう

それよりも、台湾で仕事をする上では中国語のスキルの方が求められますから、現地企業への就職や転職を考えているのであれば、中国語のスキルを高めていくように勉強していきましょう。

 

職種や任される業務内容、ポジションなどによっては英語力が求められるケースもあります。

 

たとえば、貿易関係の仕事だったりすれば、海外の企業とのやり取りを頻繁におこなう必要がありますから、そういったときに中国語だけではなく英語もビジネスレベルで使いこなすことが出来る方でしたら採用の面で優遇されます。

 

応募にあたっては求人要件の語学欄をチェックして問題なければ応募して良いです。

 

また、日本の企業に勤めていて、駐在員として海外に派遣されることが多い場合には、高い英語力が必要になってきます。

 

英語を話せるだけではなく、読み書きもきちんとできてビジネスの面で円滑に使いこなせる場合には、台湾だけに限らずにこれから先もいろいろな国での仕事を任されることになってくるでしょう。