駐在員としての台湾で仕事を目指すのが近道

海外で就職や転職をするとなれば、日本で就職した上で台湾へ駐在する、いわゆる駐在員というスタイルか、もしくは直接現地の企業に就職をする現地採用スタイルか、どちらかになります。

 

その他にも、ご自身で台湾に会社を設立して運営していく自営業のスタイルもありますが、とにかくまずは台湾で就職の形で働きたいのであれば、駐在員として赴任するのが何よりの近道だと言えるでしょう。

 

特に最近ではIT関連企業やハイテク系の企業が台湾にたくさん進出していますから、台湾にオフィスや支社を構えている日本の企業の求人情報を探してみて、将来的に台湾へ駐在員として赴任したいことを伝えておくと良いかと思います。

 

台湾の中でも、エリア的には新竹市、台南、台中でしたらハイテク産業がとても盛んであり、このあたりは科学工業園区と呼ばれているのです。

 

その他には、ソフトウェア関連の企業でしたら南港ソフトウェア地区に集中していたり、産業の種類によってある程度エリア分けされていたりもするのです。

 

他には、貿易関係の商社なども台湾にオフィスや支社などの拠点を構えているところも多いですから、こういった職種の求人もチェックしてみると良いでしょう。

 

まずは、ご自身の今までの職歴や経歴、学歴、専門知識やスキル、資格などを考慮した上で、適している職種の企業が台湾に進出しているかどうかをチェックしてみると就職に向けてスムーズに進むはずです。