台湾企業の特徴と実力、官民の協力と優秀なトップ

アジアの中でも急成長を遂げている台湾は、現地へ進出を希望する企業が増えています。個々の特徴を慎重に見極め、経済の動向と照らし合わせながらビジネスを展開する必要性があります。またクオリティをキープしつつコストパフォーマンスに優れている部分は日本も見習うべき箇所であり、台湾企業がここ数年躍進している大きな理由の一つとなっているのです。サプライヤーに欠けていると指摘されるエネルギッシュな部分も、台湾人は持ち合わせているといったデータも生まれています。

 

その一方で官民の連携が世界的にも優れているというところが、アジアの中でも際立っているのです。企業のトップを担う人が大学院卒のエリートが占めるようになり、自国の研究者のスキルのみでも十分世界へ通用するような結果を残しています。さらに各地域から頭脳を集結させてグローバル企業を作るという大掛かりなプロジェクトにも成功し、巨額な投資額を動かせるようなところまで成長するようなきっかけも掴んでいるのです。アメリカや日本の技術に追いつくことを最大の目標として、今日もさまざまな取り組みを行っています。

 

それからインターネットで集約させた顧客のニーズをかたちにしていくような取り組みも現在は始まっており、柔軟な対応が高く評価されているのです。アジアのトップクラスに入ることを国を挙げて実践しているため、今後の台湾の躍進に対しては期待が持てる要素が実際のところはたくさんあるわけです。