仕事・移住・長期滞在に、台湾という国を知ろう

台湾は日本ととても近い国です。(正確に言うと日本は台湾を国家承認してないわけですが・・・)

 

位置的には沖縄のすぐとなりにあり、面積で言うと九州よりも小さいので、とても小さな国だということがわかります。

 

しかし、大都市である台北市は非常に近代化が進んでいて、まるで日本の東京のような賑わいを見せるほどです。

 

観光などの産業も盛んですから、一度は訪れたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

台湾は日本ととっても馴染みが深く、親日国であることから、観光地としても非常に人気が高いですし、留学をしたり、台湾で働いている日本人もたくさんいらっしゃいます。

 

台湾に在留している日本人は二万人以上と小さい国ながらもとても多く、これからまた産業や経済が発展していくに従ってさらに日本人の数や日系企業などの数も増えていくことが予想されます。

 

最近では、特にIT関連企業やハイテク産業が盛んになっていて、今までこうした職種に就いた経験をお持ちの方だったり、学校で専門的な勉強をしてきた方などでしたら求人も見つかりやすいはずです。

 

やはり現地で仕事をしながら長期的に滞在するとなると、親日国かどうかというのは大きなポイントになるでしょう。

 

台湾人の多くは日本、そして日本人が大好きなので、住み心地・環境は非常に良好だと言えます。

 

中には日本語だけで働くことが出来る求人などもありますから、他のヨーロッパやアメリカなどの国に比べてパーフェクトに近い高いレベルの語学力が求められるわけではない、ということも日本人が働くにあたっては嬉しい点ではないでしょうか。