台湾駐在する求人

台湾駐在で働きたいビジネスマンは多いでしょう。

 

英語・中国語でのビジネスが出来き、将来のキャリアアップや人脈形成にも役立ちます。

 

海外手当など給料も出る会社が一般的で駐在員の求人は人気があるのです。

 

 

何より生活しやすい環境、通信・ITインフラが整い、万が一の病院も日本語ありで安心です。

 

食も日本人向け、観光地、日本からの会社も多くサービス業も盛んで台北市での生活は日本の東京並の都会感があります。

 

 

台湾駐在する求人の数は?

 

さて、台湾駐在する求人ですがタイミングによって殆ど無い場合があります。
自分の職種で求人が見つかればチャンスです。

 

台湾駐在の可能性がある業界はやはり商社・貿易が多め、製造業の海外営業、最近はITそして、日本の飲食や物販系です。

 

 

国内で使える人材紹介会社を使おう

求人を探すにはWEBサービスを利用して探します。いわゆる人材紹介会社に登録して企業と取り繋いで貰う方法です。

 

担当スタッフに希望を伝えたり、転職会議を行う事ができます。あなたの希望や職歴に合った求人が出ていれば紹介してもらえます。

 

台湾駐在する求人が出ていなければ他の国や親しい会社を紹介してもらう事も可能です。

 

 

もちろん企業側も即戦力の人材を採用する気で人材紹介を依頼していますので、あなた自身の職歴や保有スキル等がマッチしていなくては紹介してもらう事はできません

 

 

どこを使うのが良いか?

 

では、台湾駐在の求人が入って来る可能性が高いところはどこでしょうか?いくつかピックアップしてみたいと思います。

 

3つの条件があります

 

  •  アジア進出の積極的な日本企業を扱っている
  •  台湾に絞ると求人の絶対数が少ないので、なるべく多くの企業と取引があること
  •  グローバル専門のスタッフが紹介してくれる

 

このような人材紹介会社に登録しておくと可能性がグッと高くなるでしょう。

 

 

1.リクルートエージェント


求人の絶対数が多いのがこちらです。アジア進出の会社との取引が多く情報が入ってくる事が期待できます。

 

今すぐ駐在して欲しいという求人が見つかれば幸運です。

 

無ければ希望を伝えて求人が入って連絡が貰えるようにしておくとよいでしょう。

 

 

2.パソナキャリア


パソナは昔から海外就職などの支援をしてきた会社です。台湾にも支社があり現地の情報を収集するのにとても助かります。

 

リクルートより求人数は少ないですが、可能性を広げるために登録しておくのもOKです。

 

 

 

台湾駐在ということは

 

駐在員ということは会社指示での渡航になるわけで、数年のプロジェクト勤務の後に帰国する事が決まっています。

 

その後どうするか、他の国へ行くか、日本でキャリアアップをするかは個々の人材のビジョンによります。

 

場合によっては台湾に移住しようという人もいます。

 

いずれにしても台湾での勤務経験は将来の役に立つ事は明白で、様々な選択肢を持つことができるようになります。最初の求人を探す段階から計画をねっておくと良い結果になることでしょう。